代表者からのご挨拶

当社は創業以来40年、国内外を問わずあらゆるメーカーの材料を、お客様のご要望に合った形・寸法に加工する加工メーカーとして歩んで参りました。
しかし、一連の騒動に端を発したアスベスト全廃の動きの中で、ユーザー・メーカーとも混沌とした状況にあり、試行錯誤が継続しております。このような状況に合って、ノンアスベストのガスケット選定については、いろいろな事例の情報をいただき、また、各種ご相談もあって、当社にもそれらに関する技術・知識が集約され、今後は単なる加工メーカーでない相談相手になり得る、信頼される加工メーカーを志向する所存です。
パッキング・ガスケットの基本はシールするということであり、より効率的なシールはエネルギーのロスを減少させ、資源の無駄な使用を減少させる事で、今日的課題である環境問題にも貢献できると考えています。その為にも、ケースバイケースでより適切な選定が求められます。前例に捉われない斬新な発想でこれら課題・要望に応えて参ります。
当社は小さな会社ですが、その最大の利点である小回りが利くという利点を残しつつも技術・知識の異なる体系的集約・活用を通じて社会に貢献して参ります。
今後とも、皆様のご指導ご鞭撻を賜ります様お願い申し上げます。

会社沿革

昭和38年4月 大阪市東成区において「冨士パッキング工業」としてパッキンの加工・販売を開始する。
昭和41年6月 同じ東成区内に移転・拡張。
昭和43年5月 東大阪市松原において、石綿紡織品の生産を始める。
昭和43年7月 法人組織化し、会社名を冨士パッキング工業株式会社とする。
昭和45年9月 松原の紡織品工場を泉南郡阪南町に移転する。
昭和47年4月 本社の現在の地(東大阪市御厨中1-9-27)に移転拡張する。
昭和47年9月 資本金を200万円に増資する。
昭和49年6月 泉南郡阪南町の工場を泉南市男里に移転拡張する。
昭和54年12月 資本金を400万に増資する。
昭和57年3月 福山営業所を開所する。
昭和59年10月 本社社屋を改築する。
昭和60年3月 韓国富士パッキング工業株式会社と業務提携を締結する。
昭和61年5月 資本金を1,000万円に増資する。
昭和62年1月 韓国富士パッキング工業株式会社と相互代理店契約を締結する。
昭和62年3月 福山営業所を(有)冨士パッキング福山として独立させる。
昭和63年10月 泉南工場内に泉南営業所を開設する。
平成2年6月 社名を現在の株式会社富士コーポレーションに変更する。
平成2年8月 先代・駿河冨一に代わり、現社長・駿河稔が就任する。
平成10年6月 販売部門と製造部門を別会社化する。
販売部門が、現在の株式会社富士コーポレーション。
製造部門が、現在の有限会社エフ・ジー・エム。
平成20年5月 アスベスト規制対応の為、泉南工場の解体・建増しを行う。
平成21年5月 第二工場を移転拡張する。
ページ上部へ